読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるえる技術

「震え」を探求するサイト。旧タイトル「割って飲む。」

なぜ震えることで瞑想以上の効果が得られやすいのか

 

まず前置きとして「震えるってなんやねん?」という話から。

 

ダンスの技の1つでヴァイブレーションというのがあるのですが、私はこのヴァイブレーションを「震える」と言っています。

 

youtu.be

 

余談ですが、NELSONやHOZINといったダンサーのvibrationは特にスゴいです。

もし興味のある方がいらっしゃったら、youtubeで「nelson poppin」「hozin poppin」などで検索してみてください。

 

youtu.be

 

このバイブレーションという技を、私はかれこれ10年以上練習しています。

おかげで今では身体のあらゆるところを震わせることができるようになりました(ダンス自体は思うように上達できていないのですが。。)。

もし機会があれば、今度私の動画もアップしてみたいと思っています。

 

また私は仏教も好きで、坐禅や瞑想、マインドフルネスに関しても、非常にゆるい形ではありますが10年ほどの経験があります。

このようなキャリアを持つ私にとっては、瞑想やマインドフルネスよりもヴァイブレーションの方が効果を感じやすいため、今回その理由を書いてみたいと思った次第です。

 

ヴァイブレーションは基準が明確

 

瞑想やマインドフルネスは、身体の微細な感覚に気づくことが重要とされます。

しかし初心者にとっては特に、この「気づく」の基準がとても曖昧です。何をもって気づくと言えるのか?気づけてるような気づけてないような、そんな状態が何年も続いている方もいらっしゃるようです。そして瞑想指導者に関しても、この辺をとても曖昧な形で教えている方が少なくありません。

 

その点ヴィブレーションは、基準が極めて明確です。だって実際に身体を震わせることができるかできないかだけの話ですから。

 

ではなぜ、

身体を震わせることができている=身体の微細な感覚に気づくことができている

と言えるのでしょうか。

これは実際にやってみればすぐに分かると思います。

というのも触覚や固有覚といった体性感覚を繊細に意識できないと、そもそもヴァイブレーションなんてとてもできませんから。

例えば指先なんかは、練習しなくても簡単に震わすことができます。

でも「じゃあ指先くらいのヴァイブレーションを下腹でやってください」と言われたら……一気に難易度が上がると思います。

というかそれ以前に、そもそも下腹自体を意識できない方も多いのではないでしょうか。

 

そうなんですよね、私たちはあたかも当然のごとく自分の身体全体を意識できていると思い込んでいますが、実際は全くそんなことはないワケです。全体どころか、ホンの一部しか意識できていない人も少なくありません。

でもソリャそうですよね。だって我々の日常に振り返ると、毎日似たような姿勢しかとらず、同じようなものにしか触れていないのですから。身体の一部しか意識できなくても私たちの日常は問題なく成立するのです。

 

ほら「体幹」という言葉があるじゃないですか。体幹トレーニングなんかは、ここ何年かで一気にメジャーになりました。でも体幹のトレーニングがここまで流行るというのは、裏を返すと我々が普段いかに体幹を意識できていなかったのかということに繋がるのではないでしょうか。

 

ちなみにこの「基準が明確」という点では、ヴァイブレーションはヨガと似ていると思います。ヨガのポーズは、十分に身体を意識できないとダメだろうし。まあそもそも、ヨガ自体が瞑想状態に入るために開発されたものとも言われているので(坐禅も1つのポーズだったという説があります)、当然っちゃ当然の話なんでしょうが。

 

言い訳をして終わります

 

最後に言い訳を。

多くの瞑想指導者が「気づく」の基準を曖昧にしてしまっていると書きました。ただ彼らが曖昧にしているのはわざとであって、もちろんちゃんとした理由があることも、ハッキリさせることの弊害についても、一応私は理解しているつもりです。

私の場合、精神的なものはあまり関係がなく、あくまでほぼ「身体技術」の結果として瞑想状態がもたらされると考えているため、このような書き方になっております。予めご了承くださいませ。